by Izumi Ouchi

肌寒い初春の東京を歩くには、薄手の軽いアームウォーマーは必需品。

斜めに動く編地は、ねじりゴム編みと縄編み、そして透かし模様が入っています。

下の袖口から上に向かって編み進め、親指は本体を編みながら増し目をします。

本体を編み終わった後、親指をねじりゴム編みで編みます。

螺旋状に動く優雅な雰囲気をお楽しみ下さい。

 

SIZE

1サイズ(大き目のサイズには、4プライ糸と針の号数を上げて下さい)

 

FINISHED MEASUREMENTS
 長さ: 25.5cm

 : 7cm

 

MATERIALS

パピー, 100%ウール“New 3ply” 50g, 215m 1

2.75mm 2号 輪針か四本棒針、縄編み針、別糸、とじ針

 

GAUGE

31 /45 = 10 cm メリヤス編み

 

PATTERN NOTES

ねじりゴム編み: (裏目、ねじり表目)の繰り返し

ねじりゴム編みの縄編み: 最初の2目を縄針に休ませ手前に持つ。次の2目をねじり表目、裏目と編み、休ませておいた2目をねじり表目、裏目と編む。

 

 

編み方

 

袖口:

60目の作り目をし、(裏目、ねじり表目)のゴム編みを3段編む。

下図のチャートを編み始める。

 


この図を2回繰り返す。

次の段:チャート図の1段目だけをもう一度編む。

 

準備の段(裏目、ねじり表目)を3回、掛け目、(裏目、ねじり表目) 7回、掛け目、(裏目、ねじり表目)を3回、裏目、3目一度.

この段の初めからもう一度繰り返す。

 

下図のチャートを編み始める。


 

 

この図を7回繰り返す。(または好みの長さまで)

 

親指の増やし目:

1段目: 54目の後、1目増し目。残りはチャート図の通りに編む

この段を、あと14回繰り返す。(15目の親指の増し目をしたことになる)

次の段:表目を54目、次の15目を別糸に移す、掛け目、残りの目は図の通りに編む。

(残り60目)

 

親指の増し目から5cmになるまで、チャート図の通り編む。(または好みの長さまで)

チャート図の奇数段で終わるようにする。

 

上部のねじりゴム編み:

下図の1段を編む。

 

次の段: (裏目、ねじり表目) のゴム編みを3段編む。

糸を切り、とじ針を使って一目ゴム編み止めをする。

糸始末をする。

 

親指:

別糸に休ませておいた15目を、針に戻す。

穴が開かないように新しく5目を拾い、輪で編めるようにする(20目)

 

(裏目、ねじり表目) のゴム編みを3段編む。

親指の減らし目: (大きいサイズは減らし目をせずにそのままの目数で進め、伏せ目をする)

1段目: (裏目、ねじり表目) 5回、二目一度、(裏目、ねじり表目) 4

2段目: (裏目、ねじり表目) 4回、裏目、二目一度、(裏目、ねじり表目)4(18 )

ねじりゴム編みを4段続ける。

糸を切り、とじ針を使って一目ゴム編み止めをする。

糸始末をする。

 

同じようにもう片方を編む。

水に軽く通し、筒状のもので十分に乾かす。

完成。

 

 

Designer:

長野県在住で、一本針ニット教室を主宰。

海外の毛糸・編み針・ボタン集めを目的に旅行するのが趣味。

ニットブログ(http://somethingy.exblog.jp/)にて旅行記やニット製作過程を発信している。